illustrator 戸塚恵子 の 仕事と暮し


by kei-t2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Lakris

    人の味覚って幼少期に決まるらしい。
    子供の頃に慣れ親しんだ味=美味しい、好み、安心...
    というコトのようだ。
  f0130614_0484832.jpg





     何度食べても、私の舌では理解出来ない味・・・
     それが「リコリス菓子」Lakrisだ。甘草のことだって。
     フィンランドでは「サルミアッキ」と呼ばれている。 
     
f0130614_053642.jpg





     これスゴイ!このメラメラと燃える炎のごとく、HOT度「三ツ星」級
     のストロング・フレーバー!! 
     先週スウェーデンから来日してたTina&Jakobが持ってきた缶。
     おっ恐ろしいほどデカイ!し・・・。
 
   
f0130614_0582997.jpg






     コレが好きになれば一人前のスウェーデン通〜とがんばったけど
     『・・・・』やっぱり理解出来ない!
     しかも中が、なんか更にドロッと濃い味だし!!オイオイ・・・
     勘弁してくれ〜(´`;)
     しかめっ面のアタシに「してやったり」的な笑顔のJakob。
     あっ〜Jakobはスウェーデンの北の方出身なんで、もちろん
     世界一臭い醗酵食品「シュールストレミング」も大好きなのさ。
f0130614_16336.jpg



      


      これは好き・・・まではいってないけど、
               好きになれそうな気がする味
       「マシュマロ・グミ」ね。
      今ではこちらでもIKEAで買えるお菓子。
      初めて食べた時はやっぱり「分らない味」で・・・
      思わず横でバクバク食べてるMariaやAndreasに
          「好きなの?」
      などと聞いてしまった(^^;)ゴメン。

      つまりね〜マズイ!とかじゃないのよね。
      記憶の中にない味は、どうジャッジしていいのか「分らない」為
      最初は「美味しくない」と思ってしまうのかも。

      いつか私にも理解出来る日がくる事を期待して・・・。
      パッケージ欲しさに購入したリコリス菓子たち。
      中身が減る日は遠そうだ。 
[PR]
by kei-t2 | 2007-04-17 01:20