illustrator 戸塚恵子 の 仕事と暮し


by kei-t2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:Movie 映画( 2 )

Чебурашка

f0130614_23425658.jpg  
     
      先日〜打ち合わせの前に時間がポッカリ出来たので
      「チェブって来ました!」
      
       言わずと知れたロシア・アニメ
       「Чебурашка 〜チェブラーシカ」 を観てきましたw


        
        日本ではチェブラーシカ Cheburashka ですね。
        ちなみに・・・
        スウェーデンでは「ドルッテン」 (Drutten)
        フィンランドでは「ムクシス」(Muksis)
        として、同じく親しまれているキャラクター。


 




f0130614_2347453.jpg

   現在公開中の映画館「渋谷シネマ・アンジェリカ」
   http://www.gojyu.com/
   では、9月19日までロングラン決定!だって。
   未だ観てないチェブ・ファンは急いで〜。
   


    何気に観に行ったけど〜やっぱり可愛かった!
    チェブの愛くるしい、何とも言えないアノ表情に
    思いの外、癒されてきましたw
    そしてそして〜
    自分でも以外?な程、心に響いたのが
     ワニのゲーナ!
     とっても紳士的で良いヤツなんだぁ〜(感。
     
    そう、チェブの親友:ワニのゲーナが奏でるアコーディオンと
    唄がたまらなくイイ!のです。
    今回コレがワタシのツボ!だった(^^)

    「誕生日の唄」  の中で好きなフレーズは・・・

     『  誕生日が一年に一回なんて残念!
        水色のヘリコプターで魔法使いが来てただで映画を見せてくれる
        誕生日オメデトウって アイス500個プレゼント! 』  ・・・・・ね、素敵でしょ?!
       
       
      子供の唄だから、詩の内容は明るくカワイイんだけど
      そのメロディは、ちょっぴり悲し気。

      そして、もうひとつ。
       『未来はもっと素敵!』・・・ と唄う 「青い列車」も
       
            前向きな歌詞と裏腹に悲哀を感じるメロディーなのです。
                        ロシア語の響きがそうさせるのか〜
                       予想外に、なんかウルウルきちゃいました(涙。

f0130614_016314.jpg
f0130614_019787.jpg











       




       そして、こんなの見つけちゃいました!
       北欧好き〜としてはコチラも押さえたいですね。
       大人が楽しめるアニメだって。
       スウェーデンやフィンランドの作品多し!だって。
       気になる〜(^^)でしょ。


  * 先日の豪雨&雷〜凄かったですね。
     「実家はダイジョウブ?」と連絡を下さった皆さま、ありがとうございました。
      ニュースの映像でワタシも驚きましたけど(>_<)
      ウチは大丈夫〜ご心配をおかけしました。
[PR]
by kei-t2 | 2008-08-31 00:30 | Movie 映画
   f0130614_1265066.gif
      5月某日 @恵比寿ガーデンシネマ
       絶対観たいっ!と思っていた映画を2本〜観てきました。

      スウェーデンの巨匠:ロイ・アンダーソン監督の作品です。
      先ずはこのG・W公開の最新作
      「愛おしき隣人」〜原題 You, The Living 〜

      テンポ良く(カット割りが早い・・・とも言える程)
      ポンポンと場面が変わりますが〜
      少々ブラック・ユーモア「強」な内容でシュール感が「大」なので
      このくらいパッパッと変わってもイイんじゃないでしょうか(^^;)

      お国は違えど、個々の悩みはみんな一緒?!なんだなぁ〜と(感慨。
      くよくよしないで、がんばろう♪ 明日があるから...ですな。


 f0130614_1143512.gif


      お次ぎは、ロイ・アンダーソン監督の処女作。
      若干26歳の時の作品です。
      約40年前のラブストーリー!

      でもそれは「純粋」「初恋」という
      甘酸っぱいキーワードだけでは収まらないストーリー。
      
      瑞々しい映像と主人公二人の初々しい演技の背景には
      この時代独特の大人達の「切なくも必死にモガク生き様」が
      ちゃんと描かれています。

      今の時代に観ても全然古く感じません。
      むしろ新鮮な気すらしました。
      ただ編集にちょっぴり残念な感も・・・。

      

      とにかく〜
      ところどころでワタシにも聞き取れるスウェーデン語があったり
      楽しそうにエプロン&帽子かぶって「ザリガニParty」している場面
      なんかにワクワク(^^)
      さらにワタシの「スウェーデン行きたい魂」に火がついたっ!

      妄想モードで映画館を出ると・・・

 f0130614_242251.jpg








      ガーデンプレイスの夕暮れ〜
      でもこの時間、
      スウェーデンはまだまだ明るいんだろうなぁ。  
[PR]
by kei-t2 | 2008-06-01 02:53 | Movie 映画